カテゴリメニュー(Contents)

2016年05月01日

夢を買いました☆

とあるフリーマーケットで
ガレージキットを見つけました☆

1023.jpg
なんと、夢の国のモノレールです☆
1961年、日本で最初に登場した誇座式モノレール、奈良にあった東芝式です。

蓋を開けると・・・・・♪
1024.jpg

レジンキットでした


簡単な図面も入っています☆
1025.jpg



パーツを合わせてみます
1026.jpg

うんうん、こうなるのですネ☆



1028.jpg


1029.jpg
実を申せば自分、これを組み立てるには、まだまだ修行が足りません。



1030.jpg
ともあれ、モノレールの模型がまたひとつ加わりました☆




1024.jpg
部品をなくさないように、いったん箱にしまっておきましょう♪







m(_ _)m





posted by Wada at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

天賞堂パワートラックのギアを実際に交換してみました

1009.jpg
以前、頒布データとしてご紹介しました天賞堂パワートラック交換用ギアですが、丁度我が家でもギアが割れていたパワートラックが出てきましたので、実際にギア交換をしてみました。


1031.jpg
3D出力したものがコレです。




1032.jpg
出力中にギアが2つ外れてしまったようで、別袋で添えてありました。




今回、ギアを取り付けるのはこの台車になります。
1033.jpg




フタをあけてみて思い出したのですが、割れたギアは取り外してありました。
1034.jpg
こうすることで、とりあえず走行可能な状態を維持していたようです。





今回作りましたギアを元々のギアと並べてみます。
1035.jpg

こんな感じでしょう・・・・・☆





まず、ギアを取り付ける車輪の車軸を軸抜き治具にセットして、チャックを閉じたボール盤で慎重に車軸を押します。
1036.jpg






すると車軸はストンと抜け落ちました。
1037.jpg





1038.jpg
新しいギアを差し込みます。
少しキツめに作ってありますので、慎重に差し込みます。





1039.jpg
ボール盤のチャックに車軸を咥えて、側面の溝にあてがいます。



1040.jpg
そのまま溝の突き当りまで車軸を慎重に押し込めば、ギアの位置が丁度中心になるように作ってあります。




1041.jpg
下側の溝に落とし込めば・・・・・




1042.jpg
ハイ、元々のギアと同じ位置になっていることがわかります☆




1043.jpg
そして外した車輪をはめ直します。治具の幅が丁度車輪の内幅寸法になっているので、そのまま位置出しができます。





1044.jpg
これでギアの交換は終了です♪


簡単でしょ☆




1010.jpg
一家に一つ、よろしければ常備してみて下さい☆




1011.jpg
治具なしはこちらになります




m(_ _)m





posted by Wada at 22:13| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

今年も山形遠征してきました

東北の田んぼににもそろそろ水が張られる頃、恒例の山形運転会が行われ、ワタクシもお邪魔させていただきました。


1045.jpg
山形と言いながら、のっけから写真は仙台駅。


今までご縁がなかった福島〜仙台の在来線区間(正確には福島〜槻木)を乗車するべく、福島で新幹線を降りて仙台行きの各駅停車に乗り換え、到着して早速撮った写真がこの写真だったためです。

その仙台駅も、最近東口と西口を結ぶ自由通路が完成し、東西の行き来がとても便利になったのです。

1046.jpg
ずいぶん垢抜けました☆

1047.jpg
駅前広場では最近全国的に名前を広めつつある仙台の新しいスイーツを味わう方も見かけます。


それがコレ
1048.jpg
「ずんだシェイク☆」



ワタクシもひとつ頂いてきました。
1049.jpg

絶品でした♪



仙台に来れば必ず足を向ける牛タン横丁ですが・・・
1050.jpg
さすがに午前中だったので頂きませんでした。

それでも長い行列はできていましたが・・・・



ワタクシは駅そばで軽く済ませました。
1051.jpg



仙台からは仙山線に乗り換えましたが、以前、DPZの記事で知った仙台大観音がチラっと見えたので思わずパチリ
1052.jpg


拡大すると・・・
1053.jpg
まるで円谷の特撮映画のようです



仙山線は山の中を走ります。

ガタンゴトンとレールの継ぎ目の音も耳に心地よく・・・


しかし東の電車はどれもイスが固い・・・・





作並温泉あたりを過ぎて、長いトンネルを抜けると、そこはもう山寺駅
1054.jpg


新緑が眩しいです




お昼近くになって山形駅に到着
1055.jpg


ここからまた田んぼの中を走るローカル線に乗り換えるのですが、乗り換え時間がたっぷりあったので駅前の高層ビルに立ち寄ってみました。
1056.jpg



最上階の展望ロビーからの景色です
1057.jpg

周囲に高いビルがないので抜けの良い景色が楽しめます。




遠くには上山市のあのマンションも見えました☆
1058.jpg



あのマンションって




このマンションのことです☆
1059.jpg
「スカイタワー41」





1060.jpg
ひととおり山形市内の景色を楽しんだのですが・・・



どうしても・・・
1061.jpg

ついこんな写真を撮ってしまう悲しい性ww
職業病デス



とか言いながら、ローカル線に乗り換えて皆さんの集まる場所に到着しました。
1062.jpg



1063.jpg
会場ではすでに大勢の方が集まり、自慢の作品やコレクションがたくさん走っていました。



1064.jpg
その量に圧倒されます。


1065.jpg
仙台のSさんの力作、新幹線のキットを改造して組み立てたイースト・アイ


1066.jpg
Fさんが改造製作中の寝台特急電車が元ネタの東北仕様のローカル電車です


1067.jpg
福島のSさんが製作途中の在来線電車。希少車種の編成デス


1068.jpg
山形のSさんの力作、すっごく雰囲気がヨカッタです☆





※Sさんが多いのですが、皆さん、もちろん苗字は違います☆




1069.jpg
Oさんの作品、緻密な仕上がりには毎回ですが脱帽してます。



1071.jpg
Hさんの作品。このキット、ただ組み立てただけではここまでの完成度には到達できないため、色々と手を加えてありマス☆



1072.jpg
Kさんのフルスクラッチの蒸気機関車。神業デス!!


その他にもたくさんの力作やコレクションが集まったのですが、申し訳ありません、カメラに収めたのはここまででした。


1073.jpg
ワタクシのモノレールも並ばせて頂いたのですが、移送途中で台車が破損してしまい、スムーズな走行はご披露できませんでした....orz


ともあれ、皆様ありがとうございましたm(_ _)m



帰りに岩手県まで足を伸ばし、今までずっと見てみたいと思っていた保存車両と対面してきました。
1075.jpg



1074.jpg

いよいよ田植えの季節ですね・・・・



m(_ _)m



posted by Wada at 15:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

トビーのハチロクを塗る

もう何年も前から棚の肥しになっていた
1076.jpg



トビーのハチロク
1077.jpg


製造されたのが1970年代だったはず、中古品をフリーマーケットで手に入れたものです。



1078.jpg
トビーの機関車は組立がきっちりしていて、とても品がある作りで評判だったのですが、いかんせん当時の樹脂パーツの精度が悪く、歪んだギアを調整するのに苦労した覚えがありました。

走りの調整をしている間は塗装も出来ず・・・・


みたいな事を言ったか言わなかったか記憶が定かではありませんが、要するに走りだけ直して放ったらかしにしてあったのです。



1079.jpg
気が付けばそこいらじゅう粉が噴き出して(?)



1080.jpg
ずいぶん可哀想な状態になっていました。



1081.jpg
組めばちゃんとした機関車になるのですから・・・・・





1082.jpg

バラして・・・・




1083.jpg
塗装してあげました☆





1084.jpg
ナンバープレートも



1085.jpg
磨き直して輝きを取り戻し






1086.jpg
そして組み直しました。




1087.jpg
40年以上前に製造された鉄道模型、実車は大正時代に作られた蒸気機関車です。



1088.jpg
ロッド周りもいい感じ



1090.jpg
ハチロクはプロポーションがいいですね。




1091.jpg
この模型のドローバーは




1089.jpg
「松木式」に改造しました。




1092.jpg
山形の運転会に持って行くのを忘れてしまったのが残念でした☆

実はとなりのキューロクも作業が途中で止まっているのです・・・・


m(_ _)m




ラベル:8620 鉄道模型
posted by Wada at 00:12| Comment(0) | 製作記 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Go to TOP]