カテゴリメニュー(Contents)

2016年05月22日

トビーのハチロクを塗る

もう何年も前から棚の肥しになっていた
1076.jpg



トビーのハチロク
1077.jpg


製造されたのが1970年代だったはず、中古品をフリーマーケットで手に入れたものです。



1078.jpg
トビーの機関車は組立がきっちりしていて、とても品がある作りで評判だったのですが、いかんせん当時の樹脂パーツの精度が悪く、歪んだギアを調整するのに苦労した覚えがありました。

走りの調整をしている間は塗装も出来ず・・・・


みたいな事を言ったか言わなかったか記憶が定かではありませんが、要するに走りだけ直して放ったらかしにしてあったのです。



1079.jpg
気が付けばそこいらじゅう粉が噴き出して(?)



1080.jpg
ずいぶん可哀想な状態になっていました。



1081.jpg
組めばちゃんとした機関車になるのですから・・・・・





1082.jpg

バラして・・・・




1083.jpg
塗装してあげました☆





1084.jpg
ナンバープレートも



1085.jpg
磨き直して輝きを取り戻し






1086.jpg
そして組み直しました。




1087.jpg
40年以上前に製造された鉄道模型、実車は大正時代に作られた蒸気機関車です。



1088.jpg
ロッド周りもいい感じ



1090.jpg
ハチロクはプロポーションがいいですね。




1091.jpg
この模型のドローバーは




1089.jpg
「松木式」に改造しました。




1092.jpg
山形の運転会に持って行くのを忘れてしまったのが残念でした☆

実はとなりのキューロクも作業が途中で止まっているのです・・・・


m(_ _)m




ラベル:8620 鉄道模型
posted by Wada at 00:12| Comment(0) | 製作記 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

[Go to TOP]