カテゴリメニュー(Contents)

2017年01月01日

年末、姫路に立ち寄る

あけましておめでとうございます。

今までは元旦にどこかのモノレールを訪れることがありましたが、それも難しくなってきました。
とはいえ、年末の30日に急きょ兵庫県まで出かける用事が出来たので、ほんのわずかな時間ですが姫路モノレールにも立ち寄ってきましたのでご報告いたします。

とはいえ立ち寄ったところは大将軍駅跡周辺だけです。

姫路モノレールといえば「週刊 姫路モノレール」さんのおかげで、ワタクシも変わりゆく状況をほぼリアルタイムで知ることが出来ています。

去年の夏には大将軍駅跡の公開イベントもあったおかげで、建物の全景がすっぽり覆われた今の姿を見て、着々と工事が進められているなと感じるところであります。

そんな中、少しだけ写真も撮ってきましたので、ご紹介させていただきます。

12月30日の高尾ビルはこんな感じでした。
1175.jpg

夏に来たときはこんな感じ
1143.jpg

裏に回るとこんな感じ
1176.jpg

建物の形に合わせて覆いも複雑な形状になっています。

この地に立つのも何度目になるのか・・・・
1177.jpg

モノレール橋脚修景テストとして橋脚に植樹テストをされているのですが・・・・
1179.JPG
かなり奔放に育った感じがして、パッと見本当に何かの樹が立っているのかと思う?
かも☆



軌道の撤去も着々と進んでいますが、まだ残されている場所もありますので、モノレールを感じたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
1180.jpg


晦日なのにも関わらず枝もたわわに実る柿、きっとシブ柿じゃないかな。
1178.jpg


最後に定点撮影の一枚。
1181.jpg

橋脚の背丈がずいぶん低く感じるようになりました。

最近ではドリームランドモノレールの廃線跡でモノレールを感じ取ることはほぼほぼ困難になっています。
これは犬山にしても同様で、残された橋脚を見ることはできても一定の距離をあけたところからに限定されています。

姫路の場合は公道に面して橋脚が残されているので、当時の様子を感じ取るには十分な要素が残っているため、ある意味貴重な場所かも知れません。

ご興味のある方は是非一度。

m(_ _)m



posted by Wada at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

[Go to TOP]