カテゴリメニュー(Contents)

2015年03月29日

頒布部品(富士急行モハ7000形タイプ排障器)

富士急行モハ7000形向け排障器
部品として頒布致します。

0824.jpg
※写真は取付部の形状が異なります。下のイラストを参照してください。

0830Parts_haishoki20150321-03(FujiQ7000M).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
◎ファイル名「haishoki20150321-03(FujiQ7000M)」
◎モハ7031向け排障器
◎日光製DT10台車への取付に対応(コロ軸受タイプ共に)
◎3Dプリント出力サービスへのリンクはこちら






0825.jpg


0829Parts_haishoki20150321-02(FujiQ7000T).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
◎ファイル名「haishoki20150321-02(FujiQ7000T)」
◎クハ7061向け排障器
◎日光製TR11台車への取付に対応
◎3Dプリント出力サービスへのリンクはこちら





0828Parts_haishoki20150321-03_(FujiQ7000M).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
DT10(コロ軸受タイプ)への取付例
※写真は取付部の形状が異なります。




0826Parts_haishoki20150321-02(FujiQ7000T).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
TR11への取付例




0827Parts_haishoki20150321-02(FujiQ7000T).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
端梁部のアップ








【部品の頒布にあたって】
部品データは下のイラストのように同じ形状が背中合わせに繋がった状態で作ってあります。
ひとつは「部品」として、もうひとつは万が一のための「予備」として
お考えいただければ助かります。

0831Parts_haishoki20150321-02(FujiQ7000T).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
もちろん、部品を2個必要な場合も上の状態で数量を賄うことは可能ですが、
出来れば上の形状のまま2個発注されて、予備部品を確保されることをお勧めいたします。





0832Parts_haishoki20150321-02(FujiQ7000T).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
出力する材料(樹脂・金属等)に合わせ、適宜工具をご使用いただき前後の部品を切り離して下さい。



0833Parts_haishoki20150321-03(FujiQ7000M).jpg
(拡大表示は画像をクリックして下さい)
台車センターピンから室内へ通電させる場合は、上図の赤色部分を切除し、
排障器を台車ボルスターへ直接接着して下さい。





【3Dプリント出力サービスについて】

今回の部品の製造・販売は「株式会社DMM.com」が行います。
お取引やお支払等に関しましては「株式会社DMM.com」へお問い合わせください。

以上、よろしくお願い申し上げます。


m(_ _)m





posted by Wada at 13:38| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

ちょっと時間が空いたので(向ヶ丘遊園モノレールの軌道桁の頒布)

こんなデータを作ってみました☆

0834_Lockheed.jpg
軌道桁は市販されているロッキード式モノレールの形状に合わせてデフォルメしてあります。


車止め部分
0835_Lockheed.jpg


カーブレールには傾斜(カント)をつけてみました。
0836_Lockheed.jpg

※傾斜(カント)のないカーブレールのデータも用意してあります。


ののぱりこさんに捧げます☆
0837_Lockheed.jpg

ニーズがあるかどうか判りませんが、気になりましたらこちらへどうぞお越しくださいませ(^^♪


m(_ _)m
posted by Wada at 23:43| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

天賞堂パワートラックの交換用ギア

久しぶりに頒布部品を作りました。

1007.jpg
天賞堂(花園製)パワートラック
長年にわたり発売されている便利な部品ですが、ギアがすぐに割れてしまうのが難点だったりします。






1008.jpg
このギアがよく割れるんですョ…





車両によってはどうしてもパワートラックに頼らなければならないものもあり、ギアが割れてしまうと新しく車輪だけ調達しなければなりません。

結構、凹むんですよ、これが・・・・





それでちょっと作ってみました。

1009.jpg



交換用ギアが20個ついています。

これでしばらく大丈夫でしょう☆






1010.jpg
車輪から車軸を抜きとる台と、ギアを取り付ける位置出しのゲージも作っておきました。



これ、もしよろしければお使いください。

http://make.dmm.com/item/464698/
こちらにアップしてあります。




※ギアの材質はアクリルのため、長期耐久性はありません。ガンガン走らせる方は、パワートラックではない頑丈な動力装置をお勧めいたします。



【追記】
ギアのみあれば大丈夫と言う方のために、ゲージのないデータもアップ致しました。
1011.jpg
3Dプリントは作る物の体積で価格が変わるので、こちらもよろしければどうぞ。
http://make.dmm.com/item/464696/



【3Dプリント出力サービスについて】

今回の部品の製造・販売は「株式会社DMM.com」が行います。
お取引やお支払等に関しましては「株式会社DMM.com」へお問い合わせください。

以上、よろしくお願い申し上げます。


m(_ _)m


【さらに追記】
実際にギアを交換する手順はこちらを参考にしてください。








ラベル:頒布部品
posted by Wada at 21:23| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

上野懸垂電車、作りませんか?

1020a.jpg

以前、上野モノレールの模型部品を頒布するお話しをさせていただきましたが、実は新しくブログを立ち上げて少しずつ記事をまとめあげていました。


まだまだ記事は作成途中ですが、とりあえずご用意して頂く部品や材料、そして頒布している3Dデータへのリンク等をまとめたページが出来上がっています。




1021a.jpg
万博モノレールと同じ1:80スケールで作ってあるのですが、大きさがこんなにも違う事に、自分も驚いたりしています。



ともあれリンク先はこちら
上野懸垂電車模型を作ってみます?(仮)

このブログのタイトル、実はまだ確定していません。
何か良いタイトル案がありましたら、ぜひともお知らせ頂ければ幸いですm(_ _)m


あと、模型の製作はくれぐれも自己責任のなかで・・・・

よろしくお願いいたします
m(_ _)m






昨日から九州、熊本地域を中心に甚大な地震災害が発生しています。
被災されました皆様には心からお見舞いを申し上げるとともに
犠牲になられた方には心から哀悼の意を申し上げます。


1022aso.jpg
南阿蘇鉄道 高森駅にて

これからしばらく余震が続くかも知れませんが、
どうか一日も早く安らかな日々が戻りますよう
お祈り申し上げます。

posted by Wada at 12:10| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

天賞堂パワートラックのギアを実際に交換してみました

1009.jpg
以前、頒布データとしてご紹介しました天賞堂パワートラック交換用ギアですが、丁度我が家でもギアが割れていたパワートラックが出てきましたので、実際にギア交換をしてみました。


1031.jpg
3D出力したものがコレです。




1032.jpg
出力中にギアが2つ外れてしまったようで、別袋で添えてありました。




今回、ギアを取り付けるのはこの台車になります。
1033.jpg




フタをあけてみて思い出したのですが、割れたギアは取り外してありました。
1034.jpg
こうすることで、とりあえず走行可能な状態を維持していたようです。





今回作りましたギアを元々のギアと並べてみます。
1035.jpg

こんな感じでしょう・・・・・☆





まず、ギアを取り付ける車輪の車軸を軸抜き治具にセットして、チャックを閉じたボール盤で慎重に車軸を押します。
1036.jpg






すると車軸はストンと抜け落ちました。
1037.jpg





1038.jpg
新しいギアを差し込みます。
少しキツめに作ってありますので、慎重に差し込みます。





1039.jpg
ボール盤のチャックに車軸を咥えて、側面の溝にあてがいます。



1040.jpg
そのまま溝の突き当りまで車軸を慎重に押し込めば、ギアの位置が丁度中心になるように作ってあります。




1041.jpg
下側の溝に落とし込めば・・・・・




1042.jpg
ハイ、元々のギアと同じ位置になっていることがわかります☆




1043.jpg
そして外した車輪をはめ直します。治具の幅が丁度車輪の内幅寸法になっているので、そのまま位置出しができます。





1044.jpg
これでギアの交換は終了です♪


簡単でしょ☆




1010.jpg
一家に一つ、よろしければ常備してみて下さい☆




1011.jpg
治具なしはこちらになります




m(_ _)m





posted by Wada at 22:13| Comment(0) | 頒布部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Go to TOP]